脇汗で黄ばんでしまう衣類のシミ

脇汗でできる服の黄ばみ〜わきがの人は黄ばみやすい

 

ワキガで悩んでいる人の中には服に脇汗が染み込んで気になる人もいるでしょう。

 

ワキガでない人でも服に脇汗が染み込んで、そのシミが目立ってしまう人もいます。

 

しかし、ワキガの人は脇汗がシミになるだけではなく、黄ばみになってしまうことがあります。

 

特に黄ばみが目立つ服を着ていると恥ずかしい思いをしてしまうので、できるだけ黄ばみが目立たない服を着ることも必要です。

 

とは言っても、ワキガを改善すれば服の黄ばみからも解放されますので、できることなら早く改善したほうが良いでしょう。

 

また、脇汗で服が黄ばみになるのはワキガの人だけではありません。

 

普通の人でも服が黄ばみになることがあります。

 

これは使用している制汗剤やエクリン腺から分泌される汗によるものです。

 

制汗剤に含まれる成分が変色して黄ばみになることがありますし、エクリン腺でもアポクリン腺のように黄ばみになる可能性も考えられます。

 

ただ、ワキガの人はアポクリン腺から分泌される汗が多いので黄ばみやすいということです

 

では、どうして黄ばみやすいのでしょうか?

 

 

なぜ黄色くなるのか?

 

ワキガの人が着る服が黄色くなる原因はアポクリン腺に含まれる分泌物が深く関わっています。

 

アポクリン腺には脂質やタンパク質、糖質や脂肪酸などのたくさんの成分が含まれています。

 

その中にリポフスチンという色素も含まれており、この成分はワキガの度合いが強くなると多く分泌されるようになっています。

 

この成分だけが黄ばみの原因ではありません。

 

アポクリン腺から分泌される成分の中にが含まれていることも原因となります。

 

また、脇汗対策やワキガ臭対策で使用している制汗剤が原因になることもあります。

 

自分の体質に合っていない制汗剤を使用することにより、その制汗剤に含まれる成分と汗が化学反応を起こして黄色くなる場合もあるのです。

 

それに、汗腺機能が低下するとエクリン腺から分泌される汗に余分なミネラルや鉄分などが混じり黄色くなることがあります。

 

服が黄色くなる原因は色々ありますが、特にワキガの人は黄色くなりやすいので、黄色くなった服の手入れは大変でしょう。

 

黄ばみは落としにくいので大変ですが、簡単に落とせる方法がありますのでよければ試してみてください。

 

 

クリーニングで黄ばみは落ちる?脇の黄ばみの落とし方

 

漂白剤

 

脇の黄ばみは普通の洗濯で落とすのは大変なことです。

 

だから、クリーニングに出す人もいますが、確かにクリーニングでもある程度の黄ばみなら落とすことができますが、クリーニングにかかる費用と運ぶ手間がありますのであまりおすすめできません。

 

自宅で黄ばみを簡単に落とせる方法がありますので、これを参考にしてもらうのも良いでしょう。

 

その黄ばみの落とし方は重曹を使用することです。

 

重曹には漂白効果があるからです。

 

この重曹を500mlのペットボトルに大さじ一杯と水を一緒に入れてよくかき混ぜます。

 

それを洗面器やバケツなどに入れて黄ばみなっている部分を一晩つけておきます。

 

その後、普通に選択すればほとんどの黄ばみは落とすことができます。

 

この方法でも落とせない場合は塩素系漂白剤や酸素系漂白剤を重曹と一緒に使用することです。

 

どちらかの漂白剤を重曹と一緒に一晩、付け置きしてから洗濯します。

 

しかし、塩素系の漂白剤は服の色まで落としてしまうことがありますので、できるだけ酸素系漂白剤を使用したほうが良いと言えます。

 

また、沸騰させたお湯に付け置きすることで臭い落としの効果もありますので試すのも良いでしょう。

 

ワキガで悩んでいる人は、このような黄ばみを落とす方法を試してみるのも良いのですが、同時にワキガを改善することも試した方が良いです。

 

原因は全てワキガにありますので、クリアネオで改善してみてはいかがでしょうか。

 

豪華特典付き・クリアネオ公式HP