ワキガは遺伝するのか?

わきがの原因は遺伝なのか?

 

ワキガになってしまう原因はたくさんあります。

 

食生活や生活習慣、遺伝などがありますが、その中でも遺伝による原因はワキガと切っても切れない関係にあるのです。

 

わきがは遺伝するの?と思う人もいるでしょうが、わきがは遺伝する確率がすごく高いので、親がワキガになっている場合はかなりの確率で子供に遺伝してしまいます。
また、ワキガが遺伝するのはワキガ体質になりやすいアポクリン腺が深く関わっています。

 

ワキガのもととなる汗はアポクリン腺から分泌されるのですが、そのアポクリン腺の量がワキガ体質の人は多くなってしまいます。

 

したがってワキガの遺伝というのはアポクリン腺の量を遺伝するということになります。

 

それに、アポクリン腺の量は生まれた時から決まっていますので、成長と共に量が減ることはありません。

 

それと、アポクリン腺の大きさは体の成長とともに大きくなっていきます。
ですので、ワキガを遺伝した人は量が多くなるとともに大きくなるアポクリン腺によって悩まされてしまうのです。

 

確率で説明しますと、両親がワキガの場合は約80%の確率で遺伝してしまい、両親のどちらかだけがワキガの場合は約50%になります。

 

このようにワキガが遺伝することがあるのですが、今現在、自分がワキガになっている人で子供がいる場合は、そのことをしっかり説明してあげなければいけません。

 

子供は一人で悩んでしまうことがありますし、学校でいじめられる原因にもなりますので全てを話してあげてください。

 

 

自分がワキガ、子供にはどう話す?

 

遺伝

 

自分がワキガになっていると、かなりの確率で遺伝することが考えられます。

 

ですので、自分のことだけでなく、子供のことも考えてあげなければいけません。

 

特に思春期を迎える前にワキガについて詳しく説明してあげることが大切です。

 

また、ワキガの説明とともに遺伝のこともしっかり説明して理解してもらうことも重要です。
説明してからワキを清潔に保つ重要性と対策を話してあげましょう。

 

どのような対策方法があるのかを教えてあげることで、ワキガの原因となるアポクリン腺の汗を抑えたり臭いを抑えたりできます。

 

しかし、こうしたワキガのことを思春期に入った子供に話しても認めないことがありますし、話しにくくなってしまいます。

 

だから、思春期に入る前に時間を設けてしっかり話すようにしましょう。

 

 

何歳からワキガ対策をすればいいのか?

 

ワキガを遺伝してしまう子供は何歳からワキガ対策をすれば良いのでしょうか?

 

それは小学校からがおすすめです。

 

とは言っても、小学生のうちはドラッグストアなどの薬局で市販されているデオドラントで良いでしょう。

 

まずはデオドラントでケアするということを学ばせてあげながらケアします。

 

そして、中学生ぐらいからはワキガ対策の専門製品を使用させるようにしましょう。

 

中学生になると臭いに敏感になりますし、周りの子供も臭いに敏感になっていじめの原因にしてしまうことがあります。

 

その中学生ぐらいから使用する専門製品は色々な種類が販売されていますが、その中でも特におすすめできるのが「クリアネオ」です。

クリアネオは中学生ぐらいの子供でも安心して使用することができます。

 

余分な成分が一切含まれていない無添加・無香料ですし、厳しい3つの安全基準をクリアしているからです。

 

それに、臭いを抑える植物性成分を配合していますので肌荒れなどを起こしにくくなっています。

 

このようなクリアネオを子供に使用させるのも良いですし、一緒に使用してワキガ対策するのも良い方法と言えます。

 

子供がそろそろ思春期に入りそうで、ワキガを遺伝する確率が高いときは、安全で安心な専門製品のクリアネオを使用してみてください。

 

豪華特典付き・クリアネオ公式HP