タバコはワキガを悪化させるのか?

タバコを吸うと脇が臭くなる?

 

タバコを吸っている人で脇の臭いを感じる人はいるでしょう。

 

タバコ

 

タバコと脇の臭いには深い関係があるからです。

 

タバコに含まれているニコチンは視床下部という部位を刺激します。

 

この部位が刺激されることによって体温調節する部分も刺激されてしまいます。

 

そうなると知らない間に体温が下がってしまいエクリン腺の働きが活発になり、暑くないのに大量の汗をかいてしまいまいます。

 

体温が下がると代謝が悪くなり、エクリン腺から分泌される汗でもベタベタした質の悪い汗になってしまいます。

 

質が悪い汗には臭いのもととなる物質がたくさん含まれていますので脇が臭くなってしまうのです。

 

また、皮膚の表面にいる雑菌を繁殖させてしまい、さらに臭いが強烈になってしまいます。

 

それに、タバコを吸うとビタミンCが破壊されてしまいますが、このビタミンCの減少も脇の臭いの原因となります。

 

ビタミンCには酸化を防ぐ物質が含まれていて、その物質は臭いを抑える働きがありますので、減少すると臭いが抑えられなくなってしまうのです。

 

このようにタバコを吸うと脇が臭くなる傾向にありますので、ワキガになりたくない人はできるだけ吸わないほうが良いですし、ワキガになっている人は臭いを強くするのでやめたほうが良いでしょう。

 

 

喫煙者は少量の汗でも臭うことが多い

 

喫煙者は少量の汗でも臭いがキツクなる傾向にあります。

 

臭う理由は汗腺が刺激されるからですが、煙草に含まれるニコチンが体内に吸収されて汗に交じってしまうことも臭いの原因となります。

 

ニコチンそのものが臭いの原因になりますのでタバコをやめれば良いのですが、1日に10本くらいであれば少量の汗でも臭わないとされています。

 

10本くらいであればニコチンの量が少ないからだと考えられますが、全く吸わない人に比べれば臭ってしまいますので、できることならタバコはやめたほうが良いでしょう。

 

しかし、タバコをやめて脇の臭いが強くなったという人も稀にいます。

 

結論から言いますとタバコを止めて脇の臭いが強くなることはあり得ません。

 

臭いが強くなったと感じている人は煙草の臭いが全くなくなったからです。

 

吸っているときは煙草の臭いで脇の臭いに気づきにくくなります。

 

その状態で煙草をやめれば脇の臭いしか感じなくなるので、臭いが強くなったと勘違いしているのです。

 

今現在、煙草を吸っている人で少量の汗でも臭う人はすぐに煙草をやめるか、臭いを抑えられるクリアネオを使用したほうが良いと言えます。

 

豪華特典付き・クリアネオ公式HP