ワキガは男性が多い?それとも女性?

ワキガは男性に多い?

ワキガは男女関係なく、誰にでも起こり得ます。

 

男女

 

誰に起こっても厄介なものですので、誰もがワキガになりたくありません。

 

しかし、ワキガは様々な原因によって起こってしまいますので、もしもワキガになった時を考えて情報を取り入れておいたほうが良いのです。

 

そのワキガは男性に多いと思われがちですが、実は女性の方が多いとされているのです。

 

ワキガの強烈な臭いはよく男性から出ていると思うのですが、その男性よりも女性からも多く出ているのです。

 

では、どうしてワキガは女性の方が多いのでしょうか?

 

それは女性の方が男性よりもアポクリン腺が多くあるからです。

 

女性の方がアポクリン腺が多いのは生まれた時からですのでどうしようもありません。

 

また、女性は男性よりも皮下脂肪が多いのでワキガになりやすい体質になってしまいます。

 

アポクリン腺が多いと、それだけワキガの原因となる汗が多く分泌されますので男性よりもワキガになる確率が高くなります。

 

皮下脂肪が多いことによって皮脂の分泌量が増え、臭いの原因を作りやすきういなってしまいます。

 

それに、女性ホルモンが影響してアポクリン腺が開きやすくなり、これによってアポクリン腺の活動が活発になって臭いを発生させやすくなるのです。

 

特に排卵日前後になると女性ホルモンが影響してアポクリン腺の活動が活発になります

 

このような原因によってワキガは男性より女性の方が多いのですが、おおよその男女比は女性が約6割で男性が約4割と言われています。

 

 

ケア方法に男女の違いはあるのか?

 

男性よりも女性の方が多いワキガですが、ケア方法に男女の違いは基本的にほとんどありません。

 

しかし、ワキガの臭いを抑えるデオドラントの香料には違いがあります。

 

男性用のデオドラントではメントールなどのスッキリ系の香料が多く使われることがあり、女性用では香水のような香りがある香料がよく使われています。

 

こうした香りの違いがありますが、ワキガの臭いと混ざり合うことによって変な臭いになってしまうことがあります。

 

ですので、無香料の制汗剤を使用したほうが良い場合もあります。

 

無香料の制汗剤は男性用でも女性用でもありますが、特におすすめできる無香料の制汗剤は「クリアネオ」です。

 

クリアネオを使用して実際にワキガの臭いを抑えている人が多くいますので、ケア方法で悩んでいる人は試してみると良いでしょう。

 

 

両親がわきがの場合の遺伝率、片親がわきがの場合の遺伝率

 

ワキガの原因は遺伝にもあり、アポクリン腺の量が多いのを遺伝してしまうからです。

 

アポクリン腺の量が多いと、それだけワキガのもととなる汗の量も増えてしまいまいますので、ワキガ体質を遺伝するということになります。

 

また、遺伝は親から受け継ぐものですが、どれくらいの確率になるか気になってしまいます。

 

片親がわきがの場合の遺伝率は約50%とされていますが、ワキガ体質による確率の計算や遺伝子の組み合わせなどによって違ってきますので、実際には約50%〜75%くらいの間で考えてもらえれば良いでしょう。

 

両親がわきがの場合の遺伝率は約75%〜93%くらいと考えてもらえれば良いでしょう。

 

このような遺伝率からも分かるように、かなりの高確率になっていますので、親がワキガになっている場合はほとんど子供にも遺伝してしまいます。

 

できることなら我が子に遺伝させないようにしたいのですが、残念ながらそのような方法はありません。

 

でも、ワキガを遺伝しても臭いを抑えることができますし、ワキガを改善することも可能です。

 

だから、子供に遺伝してしまった場合は、その子供にワキガのことを詳しく説明し、それからしっかりケア方法を教えて行ってあげましょう。

 

その時のケア方法でクリアネオを使用するのをお勧めします。

豪華特典付き・クリアネオ公式HP