男のワキガに多い顔とは

男のワキガは顔を見ればわかる?その基準とは

 

顔

体が出る臭いは色々な臭いがありますが、その中でも脇から出るワキガ臭は強烈な臭いになります。

 

また、ワキガは自分では気づきにくいので臭いを放置することになり、周りの人を不快にさせてしまいます。

 

そうした迷惑なワキガは皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が常在菌によって分解されることで臭いが発生します。

 

しかし、アポクリン腺は普段は目に見えないところにありますので、臭いが出ていなければ見ただけでは分かりませんし気づかれることもありません。

 

では、ワキガの男で見て分かる人はいるのでしょうか?

 

それは、男のワキガは顔を見れば分かることもあります。

 

一般的にいわれているのが濃い顔の男はワキガになりやすいということです。

 

顔の濃い男は男性ホルモンのテストステロンが分泌されやすくて、普通の男の人よりも男性ホルモンが多く分泌されます。

 

男性ホルモンの分泌が多いということは、体毛が濃くて汗をかきやすいということになり、毛穴が多くありますので、必然的にワキガの原因となるアポクリン腺が多くなる傾向にあります。

 

このようなことからも分かるように、男のワキガは顔を見れば分かることもありますので、ワキガのことが気になっている人は参考にしてみてください。

 

 

ワキガになりやすい顔

 

満員電車などの人ごみで臭いを発生させている人はよくいますが、その人の臭いがワキガ臭だったら周りにいる人は気分が悪くなってしまうこともありますし、朝から嫌な気分になりますので1日が辛いものになるかもしれません。

 

また、ワキガは知らない間に臭いを発生させていますので、職場や学校などで嫌われてしまうこともあります。

 

こうした迷惑ばかりのワキガは男性がなりやすいとされていますが、男性の中でもワキガになりやすい人もいます。

 

そのワキガになりやすい男性の中でも、見て分かるワキガになりやすい顔があります。

 

では、ワキガになりやすい顔はどのような特徴があるのでしょうか?

 

それは、顔の彫りが深い人や眉毛がしっかりしている人、髭が濃い人や顔立ちがはっきりしている人です。

 

このワキガになりやすい顔の特徴は外人の方が多いように思われ、実際に顔の濃い外人にはワキガが多くいます。

 

ただし、顔の彫りが濃いからといって必ずしもワキガになるとは言えません。

 

あくまでワキガになりやすいということですので、顔の彫りが濃い人を避けるような事はしないでください。

 

また、ワキガになりやすい特徴は顔以外にもありますので、他の特徴を知っておくのも大切なことです。

 

 

体毛の濃さとワキガの関係

 

強烈な臭いを発生させる悩みの一つにワキガがあり、古くなったプラスチックの臭いや青ネギのようなツンとくる臭い、香辛料の臭いを発生させることがあります。

 

とにかく強烈な臭いですので、同じ空間にいれば気分は悪くなりますし、すれ違っただけでも臭って不快になることもあります。

 

そうした誰にとっても厄介なワキガですが、体毛の濃さと深い関係があります。

 

では、体毛の濃さとワキガにはどのような関係があるのでしょうか?

 

体毛が濃いということは、それだけ毛穴が多いということになります。

 

ワキガの臭いを発生させているアポクリン腺は毛穴に直結していますので、体毛が濃くて毛穴が多いことは汗を大量にかきやすくてワキガになりやすくなるのです。

 

特に脇毛が濃い人は毛穴が多くて汗の量も多くなりますので臭いを発生させやすくなります。

 

また、体毛が濃くて毛穴が多くてもワキガになりやすいわけではありません。

 

ワキガと深い関係のあるアポクリン腺のほうがエクリン腺よりも多ければワキガになりやすいと言えます。

 

それに、毛穴が多いと汚れが溜まりやすくなり、その汚れが臭いを強くさせることもあります。

 

このように体毛の濃さとワキガには深い関係がありますので体毛が濃い人は気を付けておきましょう。

 

豪華特典付き・クリアネオ公式HP